ラーメン大好き小泉さんを初めて読んでみた

ラーメン大好き小泉さんを初めて読んでみた時は、まず表紙に驚きました。

パッと見が完全に普通のラーメン屋さんなんですよね。

野菜盛りまくった丼が見えていて、野郎達が力一杯に麺をすすっている様子が描かれていました。

でも、よく見てみると、やたら奥の方で幸せそうな顔をしている金髪の女の子がいる事に気付きます。

各巻を無料立ち読みできます

↓ ↓ ↓

https://sp.handycomic.jp/

ラーメン大好き小泉さんの表紙絵

店の奥で密かに麺をすする小泉さんに注目

彼女こそがラーメン大好き小泉さんですが、ここまでヒロインが小さく描かれている漫画も珍しいですね。

これは最初の巻だけかと思いましたが、まさかの続巻も同じでした。

やはり、小泉さん以外のラーメンとお店も、この作品にとっては主人公クラスの重要度というわけです。

と言うか、無駄にラーメン屋の店内がハイレベルに描かれていて、表紙絵だけでもしばらく楽しめてしまいました。

既に、この段階でラーメン大好き小泉さんへの期待度が高まる一方です。

震える手で1ページ進めていくと、小泉さんと思われる女子高生が制服姿のまま、とんでもない大物を食していました。

屈強な男でもビビってしまいそうな、もはやラーメンとは思えないレベルの丼と小泉さんという少女が並んでいるのです。

しかも、涼しい顔で美少女が、凶悪なラーメンを食べているのだから衝撃的でした。

もうどんだけラーメンが大好きなんだろうか?と色々と妄想してしまうくらいです。

単に扉絵までだけで、こんなに熱くなれるとか、ラーメン大好き小泉さんという漫画は良い意味でヤバいです。

ドラマを見てから漫画に入る人なら、それほど問題ありませんが、本当にラーメン大好き小泉さんを初めて読む人はビックリなんてものじゃないでしょうね。

大盛りラーメンにがっつく小泉さん

華奢なJKとのギャップがイイ

あと、二次元的な意味で小泉さん達女の子のクオリティが、激しく高い事にも気付かされるはずです。

はい、もう普通に萌え系漫画でイケる水準のキャラクターが出てきて、現実に存在するラーメンを食いまくります。

だから二次キャラが大好きな読者なら、情け容赦なく萌えを体感できる事でしょう。

何気にラーメン自体の画力も尋常じゃない凄さがあるので、作者の鳴見なるさんの拘りを感じました。

結局の所、作者もラーメンの事が大好きなのです。

そして、ようやく本編に突入すると、早速ガチで美味しそうなラーメンが登場します。

それに対して、少女が静かに手を合わせるシーンが出てきて、動きがないのにインパクトは抜群です。

さりげなく、小泉さんの全体像が描かれていて、女子高生好きなら萌えちゃいそうな雰囲気ですが、何だかシュールな感覚に陥りました。

何故かと言うと、彼女は無表情でラーメン丼を片手に仁王立ちという感じだったからです。

この真剣さは、ガチで麺類が大好きでないと出来ない事でしょう。

そんな流れから、ラーメン大好き小泉さんの本編が、いきなり学園モノみたいな出だしなのだから、読者は作者の掌の上で踊らされている気分ですね。

麺をすすって幸せそうな女子校生

小泉さん至福の時

だが、それが良いのだから、仕方ありませんね。

そして、超クール系というか、無表情系美少女が男だらけの行列に並んでいるというギャップ。

もしリアルに、こんな現場を目撃したら、どんな気分になるか想像が付きません。

こんな究極の「もしも」をラーメンで描いているのがラーメン大好き小泉さんなのです。

シンプルに小泉さんだけが、ひたすらソロでラーメンを食べ続けるだけだったら、ただのマニア向け漫画になる所です。

でも、そこへ普通の女子高生を絡ませていくから、斬新な方向に面白くなっていくわけですね。

とりあえず、小泉さんの冷ややかなセリフにゾクッとしたら、半分負けたも同然。

ラーメンをすすりまくる女の子達を見て、ハァハァ・・・いや、萌えまくるしかありません。

二次三次関係無く女子校生が大好きな場合も、かなり熱くなれる作品ですね。

また、ラーメン店の内部と言うか細部が本物志向で、思わず実際に実店舗へ出向きたくなります。

それくらいラーメンの味を漫画で再現しているのがラーメン大好き小泉さんです。

小泉さんが戦闘モードに変わる瞬間は、何か超凄いとしか思えません。

天一こってりラーメン攻略法

敢えて伸ばして食うのが通?

通常なら、こんなに可愛い女の子がロングヘアーからポニテになって激萌えな気分になるはずですが、独特な世界に引き込まれます。

そのくらい小泉さんは、ラーメンに対して、ただ大好きというだけでなく超ガチな気持ちを持っているわけです。

彼女が具が山盛りのラーメンを食する様子は、はっきり言って戦いです。

ええ、もう大好きなものを食べている姿ではないですね。

ヤバいです、もう女騎士がモンスターと戦っている程度のレベルじゃありません。

でも、その後に出てくる、絶頂勘溢れる顔を見て萌えない読者はいないと断言したいです。

ただし、同級生の女の子に対して、思いっきりツンデレな態度なので、序盤は読み手を選ぶかも?

とは言え、彼女独特のデレ方をしてくれるので、最初は油断していて萌え悶えました。

何というか、ラーメン大好き小泉さんは、ヒロインが小泉さんで主人公が同じクラスの大澤悠さんという感覚です。

ある意味、大澤さんが小泉さんを攻略するギャルゲーみたいな感じにも思えました。

そんな感覚があるからこそ、ラーメン大好き小泉さんは、麺をすする女の子という特殊な姿も大好きになってしまう漫画なのです。

太らせた麺を一気に掻き込む小泉さん

美少女が全力でラーメンを食う姿に萌えろ

そこへマニアックなラーメンが絡んでくるとか、本当に超新しいお話ですね。

ただ、彼女達だけの話だったら、割とすぐに飽きそうなものでしたが、随所に他の女子高生の日常が入っていて飽きる所か中毒性がありました。

何気に出してくる女の子達が、他の漫画だとメイン張れそうなキャラだから熱いです。

当然、小泉さんとラーメンと共に絡みあうというか、ええ、もう絡むという言葉で大体合ってるから凄いですね。

ドラマ版では深く楽しめない部分が漫画の方には大量にある印象です。

まさかラーメンと女の子が重なり合うと、激しく萌える事になるとは思いませんでしたよ。

個人的な意見ですが、ラーメン大好き小泉さんはアニメ化すると、とても良さげに思えます。

原作を中心に考えると、絶対に二次元作品(アニメとかゲーム)向きですよ、マジで。

もう、何か単行本を読んでいると、脳内でキャラ達のセリフが再生されるくらいです。

それくらいアニメ大好き人間にとっては、ラーメン大好き小泉さんのアニメ化は待望すべき事。

ただし、ラーメンとか店のクオリティが高くないと駄目なので、妥協無しで製作して欲しいなんて勝手な妄想をしておきます。

制作スタッフもラーメンが大好きな人だと、なお良いかなと思います。

スマホで即立ち読み出来ます

画像にタッチしてください

【一般】  ラーメン大好き小泉さん

ラーメン大好き小泉さんに出てくる女の子達と意外と自然なストーリーの関係

ラーメン大好き小泉さんは当然ながら、金髪の謎だらけ系美少女の小泉さんが中心にストーリーが展開されます。

でも、その周囲には色んな女の子達が、意外と自然に存在して萌えと面白みを読者に与えてくれるのです。

ラーメンと女子高生という、あまり接点がない両者ですが、ラーメン大好き小泉さんでは違和感なく混じり合っていました。

真っ先にヒロインの小泉さんに向かっていく少女が、大澤悠さんです。

この現実にも普通にいそうな女子校生も実はラーメンが大好きだったりします。

そんな最初に出てきた中心的なサブキャラなのに、割と酷い扱いを受けている所が、この作品のお約束ですね。

黒髪のショートヘアが特徴の悠さんは、ラーメン大好き小泉さんに出てくるキャラの中では、割と常識人タイプです。

一応、酷い扱いを受けつつもストーリー全体に関わってくるので、作品内ではそれなりの地位にいるはず。

ただ、ツンツンしまくる小泉さんに何度スルーされても、どんどん再トライする姿勢に感動しました。

きっと悠さんは、ラーメンより小泉さんの事が大好きなのでしょう。

次に小泉さんと接触する女子高生は、ツインテが似合うモテ系キャラの中村美沙さんです。

はい、ツインテ美少女が大好きな者としては、至福の時が過ごせました。

普通に可愛くてモテるのに、何故か告られた相手に手を繋ぐ前にフラれるという謎展開になっていました。

小泉さんという独創的過ぎるキャラがヒロインじゃなかったら、この人、楽勝で主役になれそうな美少女です。

激辛ラーメンを食す美沙と小泉さん

なんか新しいナニかに目覚めそうかも

でも、セリフが少ないラーメン大好き少女の存在感には勝てない模様。

ただ、この美沙さん、何だか速攻で小泉さんとの関係を深めるから驚きです。

あと、ラーメンを食した後の表情が、何か、もう素晴らしいの一言でした。

むしろ、美沙さんも負けず劣らずラーメンが大好きぽいですね。

とは言え、まさかラーメンを食べる女子高生で、えっちぃ感覚になるとか奇跡ですよ。

正直、美沙は、ラーメン大好き小泉さんのサブヒロインになってもおかしくないくらいでした。

やはり、何だかんだで可愛い事は漫画の世界でも現実の世界でも正義なんでしょうね。

頭が微妙に弱そうな美沙の次は、秀才系少女の登場です。

眼鏡っ娘というベタな見た目の高橋潤さんは、やっぱり委員長キャラでした。

これは直球過ぎですが、眼鏡の女の子が大好きな人なら、あっさりと萌えちゃうと思われます。

こんな才女も小泉さんとラーメン絡みで相対します。

何だか、悠以外の女の子は、意外なくらいすぐ小泉さんと仲良く見えるようになるから面白いですね。

また、ラーメン大好き小泉さんのキャラ関係で大きな特徴は、メインとなる女子高生達の家族関連キャラもサラッと出てくる所です。

全然関係なさそうなのに、直接、または間接的に小泉さんと関わるのだから意外と厚いストーリーですね。

しかも、無理矢理関わるのではなく、ラーメンを中心に自然な流れを作り出しているから、ある意味神業です。

辛くて汗が噴き出るJK達

丼でイイ汗かいた女の子は最高です

一応基本となるサブキャラ3人娘は、大澤悠、中村美沙、高橋潤です。

まあ結局、彼女達もラーメン大好きな方向へ進むわけですね。

その中でも、美沙の弟とか、悠の従姉とかが何気に出てきて、簡単に小泉さんとラーメン食べちゃいます。

美沙の弟とか悠の兄のように、女の子ばかりでなく男も混じっている点も悪くないというか良い味出しています。

このどうでも良い繋がりも、何度も読み返して再確認すると面白いですね。

ちなみに、彼等以外の男達は、リアルタイプに描かれていて、ナイスな背景化状態で出てきます。

だからこそ、女子高生のメインキャラ達が、やけに目立つのでしょうね。

こうしてラーメン大好き小泉さんを読むと、リアル店舗でJKを探してしまいそうです。

可愛い女の子がラーメンを頬張る事が、こんなに破壊力あるとか思いませんでしたからね。

この作品に出てくる色々な女の子達は、ただのサブキャラではないという事がわかりました。

ただでさえ小泉さんだけでも、ラーメンで満足する姿がヤバいのに、複数美少女が出てくるとか素晴らしいです。

もし、二次元キャラが大好きな場合は、ラーメン大好き小泉さんは読むと、萌えの新境地を切り拓く事が出来るでしょう。

とりあえず、彼女達のラーメンを食べた後の恍惚の表情は、薄い本のネタになりそうで怖いです(笑)

まあ、それはそれでウエルカムですけどね。

ラーメン大好き小泉さんがスマホでも読めた

ラーメン大好き小泉さんは、既に単行本で読んでいたのですが、どこでも好きなタイミングで読めるという事でスマホ版をお試ししてみました。

Handyコミックというサイトでサンプルを読んでみると、かなり親切な漫画アプリだったので驚きました。

別に何か登録したわけではないのに、タダで試す事が出来るだけでなく、操作方法を超丁寧に教えてくれるわけですね。

まあ、これがなくても、直感的に操作できるくらい簡単つなので誰でも使えそうな印象でした。

アプリと言っても、スマホのブラウザで直接読めるから、面倒くさいダウンロードとかしなくても良いのです。

とりあえず普通の紙で出来た漫画を読んだ事があるなら大丈夫というレベルでした。

スマホ用漫画アプリのイメージ

何せ、ページをめくるような動作を画面上でやるだけで、すぐに読み進める事が可能だからイイ感じですね。

気になるのは、ラーメン大好き小泉さんの良さをスマホで楽しめるかどうかですが、全く問題ありませんでした。

いや、むしろ、絵のクオリティだけなら紙媒体よりも電子版の方が高いと思ってしまうくらいです。

ラーメンだけでなく女子高生達も美味しそう・・・とか思ってしまうような萌えと燃えを感じました。

立ち読み版では、1話の最初から読めましたが、下手に端折ってない所が良いですね。

でも、お試し部分が中途半端に終わってしまい、何か思わず本編へ行っちゃいましたよ。

ちなみにスマホ専用ラーメン大好き小泉さんは、通常の単行本と同じく巻単位で購入する形になっていました。

何か勢いで電子バージョンを全部手に入れてしまったわけですが、何冊買っても邪魔にならないのは嬉しいです。

正直な所、置き場に困らないので漫画の電子書籍って使い勝手がめちゃくちゃ良くて大好きになりましたよ。

これだったらラーメン大好き小泉さんだけでなく、他の作品も電子版へ移行しようかなと考えてしまいます。

特に現実世界との共通点がある漫画だと、外出先で読むとリアリティが増してテンションが上がりますからね。

このようなラーメン大好き小泉さんみたいな作品だと、ラーメン屋へ出向く時に読みたくなります

でも、単行本を持ち歩くと、本自体に傷が付いたり汚れたりと大変です。

そんな時にスマホで読めると、ヤバいくらい便利ですよね。

実は、密かに近所の天一に行った時にラーメン大好き小泉さんをスマホで読んでみました。

あっ、当然ですが、お店の中に女子高生とかいませんでしたよ。

そこでは作中で小泉さんも大好きなこってりラーメンを食べました。

そんな残念な状況でも、その場でラーメン大好き小泉さんを読めば脳内補完バッチリです。

あの臨場感は、一度試したら、もうやめられません

ソロで食べに行ったのですが、ニヤニヤしてしまったので、周囲のお客さん達に変な目で見られていたかも?

だが、それがある意味イイのです。

今度はラーメン目当ての遠征時にも、スマホで密かにラーメン大好き小泉さんを読んでみる事にします。

スマホ専用版はココからお試し可能です

【一般】  ラーメン大好き小泉さん

ラーメン大好き小泉さんの唄が色んな意味でインパクトがあった

ラーメン大好き小泉さんには実写版が存在して、2015年の夏と2016年の年始に合計5話が放映されました。

テレビドラマとしての小泉さんは、漫画しか知らない場合や二次元万歳な人だと、完全に別モノといった雰囲気です。

テレビの画面

そんなテレビで見る事が出来た実写の小泉さんですが、主題歌的なものが流れていたのは当然です。

その名も「ラーメン大好き小泉さんの唄」と言って、色んな意味でインパクトが凄かったと思います。

とりあえず原作から入って、この作品が好きになった人は、思わず放心状態になるかもしれません。

と言っても、別に曲が悪いとか言っているわけではありませんよ。

漫画版を知らない人なら、そのまま素直に受け入れる事が楽勝だと思えるくらいです。

ただ、原作の雰囲気しか知らない場合は、多かれ少なかれ衝撃を受ける事は間違いありません。

全巻を何度も読み返していると、ラーメン大好き小泉さんという作品は、萌え系リアルタイプラーメン漫画だとしか思えないのです。

でも、作中でリアルに存在する店舗やラーメンが出まくるので、それを忠実にアニメで表現する事が可能かどうかはまた別ですね。

それでも実写化したのだから、今度はアニメ版も・・・と思わず期待してしまいます。

その時は、原作のイメージに合った唄を聞いてみたいと思いました。

ちなみにラーメン大好き小泉さんの唄の動画は、ここで見る事が出来ます。